デザイン工房「雫」HOME  >  映像制作  >  映像制作の流れ
映像制作の流れ
映像制作の流れ
デザイン工房「雫」での映像制作の流れをご案内させていただきます。
お申込み・お問い合わせ
当事務所で、またはお客様のところへ直接出張しサンプルをご紹介させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせやお電話でご相談ください。
デザイナーと話をする中でご希望に添える映像ができそうだと感じていただけましたら書類にサインをいただき、お申込み完了となります。お電話でのお申し込みも可能です。
制作用素材のご準備。撮影
お申込み後に、お二人のスタイルに合った制作シートをお渡し、または郵送いたしますので、必要な写真やコメント、文面をご用意し、ご返送ください。※送料は弊社で負担いたしますので着払いで発送ください。

撮影が入る「シネマティックプラン」の場合は別途、撮影内容や日程調整などの打ち合わせのため、ご連絡差し上げます。
ディスクの再生確認
制作用素材を元に、雫の映像デザイナーが制作を開始いたします。
原則、披露宴の3週間前までにチェック用ディスクをお届けいたしますので、上映される会場にて再生テスト、および映像の内容についてご確認ください。
なお、映像の修正を希望する場合は、お早めにご相談ください。
お支払いと商品のお届け
お申し込み時にご案内いたします、銀行振込口座にお支払いください。
※振込手数料はお客様のご負担となりますので、予めご了承ください。お支払い確認後、完成ディスクを発送いたします。
※発送時期は修正内容により異なりますのでご確認ください。
フォトムービープランに共通する内容
< 映像のタイプ >
ご契約前にいくつかの映像をご紹介しますので、お好きなタイプをお選びください。
< 曲の種類 >
①弊社ライセンス契約済みのフリー楽曲、及び②日本レコード協会許諾許可取得済みのアーティスト楽曲よりお選びください。
 →①はご契約時にサンプルをお渡しいたします。
 →②は以下URLより使用可能な楽曲をご確認ください。
プロフィールムービーの制作に含まれる内容
< 使用曲数 >
1曲(3分~5分)
< 写真枚数 >
最大50枚(選曲の時間や曲調により異なります。)
< 写真補正 >
劣化してしまったお写真も雰囲気を残しつつ一枚一枚丁寧に補正。
< コメント >
1コメント/枚のほか、小中高のカテゴリ別にコメントするなど幅広いパターンに対応。
(全体を通したコメントの流れや文形態の統一化などの修正、アドバイスもいたします。)
 楽曲使用に伴う著作権対応
弊社ではお客様に安心してご利用いただくために、日本レコード協会、JASRAC、iSUMとの契約を行い、著作権法等に遵守した商品を提供しています。

雫の想い

デザイン工房 雫 代表 池田 明貴範

自分の仕事で目の前のお客様が笑顔になってくれたとき、今までになく嬉しい気持ちが込み上げてきました。
そのことがきっかけで大手企業に約7年勤めるなかで起業を決意。
2014年にデザイン事務所「デザイン工房 雫」を立ち上げました。

雫の作品をお客様が手にした時、お客様ひとりひとりの想いがそこに込められているものを、お客様に喜んでもらえるものを提供することがわたしのミッションです。

仕事を依頼くださったすべての皆様への感謝の気持ちを忘れず、そして依頼してくださるお客様のために一回一回最善を尽くしていきます。

デザイン工房 雫 代表 池田 明貴範

このページのTOPへ